Takunojiのプログラミング・プレイグラウンド(遊び場)

「プログラミングのススメ」と学習した結果身につくもの、アイディアを実現するために何をしたら良いか?の答えが出せるようになります。

Gitへソースを追加する

Gitの設定ができたら、今度はリポジトリに資源(ソースとか画像ファイル)を追加します。
対象のファイルをコミット(ローカルリポジトリへのコミットになります。)
そして、コミットしたファイルをリモートリポジトリへとプッシュします。

f:id:Takunoji:20170402114018p:plain

プッシュ後の確認

f:id:Takunoji:20170402114151p:plain

Gitは、リポジトリをローカル(自分のpc)とリモート(Git hubのサーバー)の2つを使って資源の管理を行います。

ローカルとリモートに分ける事で、サーバーの負担を減らし、資源の管理をよりやりやすくします。

余談

昔は、CVSというのがありました。これもバージョン管理システムですが時代とともに、CVSSVN→Gitと進化してきました。現状(2019年)は落ち着いて来ていて付随する(連携する)アプリが増えてきました。

そのうちの有名なものは

  1. Redmineとは — Redmine.JP
  2. Jenkins

などがあり、連携する事でチーム開発をスムーズに行うことができます。

個人的に利用している人もいて、アイデア次第で楽しい事が出来るかもしれません。

次回は、UML作成に着手します。

でわでわ。。。

takunoji.hatenablog.com