Takunojiのプログラミング・プレイグラウンド(遊び場)

プログラミングのススメとか記載します、今までにやったのは、環境構築、実装方法の説明など、Java, UnrealEngine, Unity, BlenderPython, Discord, OpenCV, TensorFlow(Python), ラズパイ(RPi)などやりました。まだ中途半端ですが。。。

Java Basic 〜 クラス実装サンプルその2 〜

前置き

前回は、サンプルとして「こんなやり方」
というのを記載いたしました。
つまづいて、転んで、また起きて。。。みたいな
人生もそんな感じでしょう(笑)

まぁ転んでもただは起きないのも世の常
作成したけど中身が決まっていないので本当に
サンプルですが。。。ただでは起きません。
というわけで、今度はJavaの単体画面アプリを
作ってみました。(簡単ですが。。。)

Java Basic JavaFX 〜コマンド画面を作る〜 – PGボックス

今回の記事

JavaFXというものがJDK8以降のJARには含まれています。
早い話が、新しいJavaをインストールしたらJavaFX
付いてくるよ、ということです。
ここで、言いたいのは
Javaって何か作ろうとすると規模がでかくなるんだよなぁ」
ということです。

いや正確には、Webアプリを作成するとでかくなる。。。
ということです。

だから、1人で開発しようとすると大変なことになるので
部分的にしか作れません。(根性のある人はやると思うが。。。)

そこで、見つけたのがJavaFXです。PC上で簡単に起動できます。
WindowsでもMacでも、JavaがインストールしてあればOK!
以下のようにコマンドで「java -jar JARファイル名」で起動

f:id:Takunoji:20180616214159p:plain

ちなみに、Jarファイルの作成方法は、こちら

IntelliJ IDEA Jarファイルを作る – PGボックス