Takunojiのプログラミング・プレイグラウンド(遊び場)

「プログラミングのススメ」と学習した結果身につくもの、アイディアを実現するために何をしたら良いか?の答えが出せるようになります。

TensorFlow環境構築 〜C++API, JavaAPI〜

TensorFlow for Java

これで開発するための環境構築です。

インストールするのはMavenとTensorFlowです。詳細は下のリンク先に記載しています。

ここでは、用途とか自分の意図などを記載したいと思います。

なぜ?TensorFlow?

皆さんご存知の人口知能です。でも本当は機械学習処理のフレームワークがこれです。

そして、これができたおかげで、統計学の考え方で、写真や音声など、昔は人間でないと区別できなかった情報を区別できるようになりました。

音声データの事はよくわからないので記載しませんが、画像に関しては基本的な事だけわかるので記載します。

画像データ?

これは、内訳(生のデータ)は数字の配列になります。50x50ピクセルの画像であれば、数値の2次元配列が50x50で並んでいるデータです。

これを、統計学を使って「この並びはXXの可能性が.....」という計算をするのですが機械学習により「....」の部分をより100%に近づける事が出来ます。

早い話が、画像や、音声の識別が出来るという事です。

開発環境セットアップ

PGボックス〜ゲームとプロジェクトとプログラミング基礎〜

Mavenインストール方法

PGボックス〜ゲームとプロジェクトとプログラミング基礎〜

TensorFlowクラッシュコース

ドキュメントがC++, Pythonの方に集約されているので JavaでやるのはC++, Pythonである程度理解してからやるようだった。

developers.google.com