Takunojiのプログラミング・プレイグラウンド(遊び場)

「プログラミングのススメ」と学習した結果身につくもの、アイディアを実現するために何をしたら良いか?の答えが出せるようになります。

短期集中!無料トライアル!〜その後は、通常のアプリ作成になります〜

イントロダクション

前回は、とりあえず動くところまで作りました。概要は以下の通りです。

  1. ゲームのタイトル表示
  2. ゲームの開始画面表示
  3. 「じゃんけん」の開始ボタン押下後の処理

「3」の部分で開始ボタンを押下後にイメージを表示して終了している状態で前回の作業を終わりました。

 

www.youtube.com

 

動画ではボタンを1回のみしか押下していませんが、これは何回も押下するとイメージが無限に増えていきます。。。

今までの作業

Gluon + Eclipseでアプリ作成を行なっていますが、アプリケーションとしてはJavaFX」アプリなのでJavaFXでの実装を行います。そして、JavaFXの基本的な部品などを理解していなかったのでチュートリアルをやりました。

Gluon + JavaFXでの作業

  1. Eclipse Android〜Gluonでアプリを作る〜
  2. Eclipse Android〜Gluonでアプリを作る2〜
  3. Eclipse Android〜Gluonでアプリを作る3: 3Dモデル〜
  4. JavaFX 3Dグラフィックス〜チュートリアル1:バージョンが古かった〜
  5. Eclipse Android〜Gluonでアプリを作る4: 普通に作る〜
  6. Eclipse Android〜Gluonでアプリを作る5: ゲーム部分を作る〜

JavaFXチュートリアル

  1. JavaFX チュートリアル〜今度こそ、初めてでも大丈夫:Label〜
  2. JavaFX チュートリアル〜今度こそ、初めてでも大丈夫2:Label〜
  3. JavaFX チュートリアル〜今度こそ、初めてでも大丈夫3:Button〜
  4. JavaFX チュートリアル〜今度こそ、初めてでも大丈夫4:RadioButton〜
  5. JavaFX チュートリアル〜今度こそ、初めてでも大丈夫6:CheckBox〜

 JavaFXの基本を学習するのに「実装→実行→確認→理解」のフローを繰り返すことになるので、初心者にも(実行すれば)理解できるようなやり方でチュートリアルをやりました。※コードが動けば初心者向けとか関係ないのですが(笑)

そして、JavaFXチュートリアルの続きは必要に応じて追加していくことにしました。

以下のURLにある「category=XXXXX」のXXX部分に値を入れることでカテゴリを選択するように実装してある画面にて記事の一覧を取得することができます。

<JavaFXチュートリアル>

   「https://zenryokuservice.com/roadMap.php?category=tutorial-javafx

<Gluonアプリ作成>

    「https://zenryokuservice.com/roadMap.php?category=gluonapp

 

次のステップ

作成した画面上にある「ゲーム開始ボタン」を押下した後に以下の順序で処理を実行しようと思っています。

  1. 「じゃん」「けん」「ポン!」と文字列をアニメーションさせて表示
  2. ユーザーの手とCPUの手を比較・判定
  3. あいこの場合は「あい」「こで」「しょ!」をアニメーション
  4. 同様に判定を行いあいこの場合はループ
  5. 勝敗判定を行う、勝者と敗者を決める

こんな感じのゲームを作成するのですが、実装上でちょいと難しいのが「アニメーション」こいつをちゃんと理解する必要があるのでJavaFXのアニメーションの学習を行います。

参考サイトはこちら

docs.oracle.com

 

でわでわ。。。